nopazoの足跡

nopazoが行ったり見たり聞いたりしたもので紹介したいものを記事にします。主に旅行系が多いです。よろしくお願いします。

ユーレイルグローバルパスグローバルパスでヨーロッパを周遊!〜スポーツだらけ!〜【スポーツ施設inフランス編】

どうもみなさんこんにちは。nopazoと申します。前回の記事でスイス編が全編終了しました。ついに次の国、フランスへ向かいます。

 

さてついにこの旅も残り2カ国となりました。

 

これまでの国をもう一度振り返りましょう。赤字が現在地です。

  1. オランダ
  2. ベルギー
  3. ドイツ
  4. スイス
  5. フランス
  6. スペイン

前回の記事はこちら!

nopazoblog.hatenablog.com

 

 

 

1.パリの地下鉄要注意!?

2019.3.8AM9:30、チューリッヒの駅からフランスのパリへ電車で移動!移動時間は確か4時間ぐらいだったような気がします。はっきり覚えてません・・・。

のんびり電車の旅を経てパリに到着!!

f:id:nopazo:20190706151023j:plain

フランス地下鉄の路線図(一部)

今回は、ホテルまでは地下鉄に乗らなくてはならないのでパリの地下鉄の回数券ticket t+を購入することに!

 

ちなみにこのticket t+は地下鉄の10回の回数券として売られています。距離に応じて値段も変わりますが、1エリア・2エリアは同じ値段です。地下鉄だけに限らず、RERやトラム、メトロにも使えます。

 

france-plus.net

 

こちらに詳しく乗ってますのでご参照ください。

 

そして地下鉄のticket t+を購入しようとすると、やはり治安が悪いのかわかりませんが、

 

知らんおっさん「チケットならこれを押すんだよ」

 

ハイ。キマシター「チップネダリストー」

 

チップネダリストというのは私が今作った言葉ですが、日本人などの観光客を狙って地下鉄の切符の買い方などを教えてあげるふりをして近づいてきて、チップをねだる人のことです。ちなみにこれはイタリアにもよくいますので気をつけましょう!

 

こういうおっさんが来たら容赦なく「No,thank you.」でオッケーです。

 

なんどもしつこくして来たら体を入れて拒否しましょう。もしくは、

 

If you tell me how to buy tickets, I don't pay tips for you.

「もし、チケットの買い方を教えてくれてもチップ払わねーぞ。」

 

とでも行ってあげればおそらく去っていくでしょう。

まあとっさでこんな英語でませんので手で払いましょう。

 

なんとかticket t+を購入し、ホテルへ行き、今回の目的地へ行きます

 

2.またまた来ましたサッカーのスタジアム

フランスのサッカーチームといえば、「パリ・サンジェルマン」ですね。「ですね。」と言っていますが私はサッカーより野球派なのでこの日までこのチームの存在も知りませんでしたが・・・。

 

パリ・サンジェルマンのホームスタジアムにやって来ました。

f:id:nopazo:20190706152315j:plain

f:id:nopazo:20190706152309j:plain

正式名称はパルク・デ・プランスというそう。

ここにもオフィシャルショップがあり、友達がパリ・サンジェルマン好きだったのでお土産にマフラーを買って行きました。あげたときにめっちゃ喜んでくれました。

 

3.ローランドギャロス

この施設名を聞いてなんのスポーツの会場かわからない方も多いでしょう。この会場はテニスの4大大会の一つである

 

全仏オープンの会場

 

です。

 

これで「あー。」となってほしい笑

サッカーの会場から歩いて5分ぐらいのところにあります。私はテニスを高校の頃からやっていたのでテニスは結構好きで全仏の会場に行ってみたいと思って行ってみました。

f:id:nopazo:20190706152329j:plain

ローランドギャロスの会場には、歴代の優勝者と準優勝者の名前がここに刻まれますが、

ナダルばっかじゃねえか!

調べてみたらナダル全仏オープンを2005年から2014年まで2010年を除いて全て優勝しています。

強すぎイィ

f:id:nopazo:20190706152348j:plain

f:id:nopazo:20190706152345j:plain

ただ、残念なことに中は工事中のために入れませんでした。入れたら博物館とかあるのになあ・・・。全仏のシーズンに来て一度でいいから試合を見てみたいですね。

 

4.まとめ

今回は、パリの地下鉄のチケットを買うときの注意とスポーツ施設二つをご紹介しました。サッカーもテニスもやはり一度でいいから生でみたいですね!いずれは海外で生観戦してみたいです!!

ではまた次回〜〜

 

 

 

徹夜から始まるバリ島旅行~恐怖!?のスライダー~その7

どうもみなさんこんにちは。nopazoと申します。すいません、二日空いてしまいました。また忙しくなってしまいまして・・・。

 

今回はバリ島で一番広いと思われるウォータボムについてお話ししようと思います。

 

前回の記事はこちら

 

nopazoblog.hatenablog.com

 

 

 

1.ウォーターボム

ウォーターボムはバリで一番大きく、スライダーが13 種類もあるプールです。

なんとスライダーでは珍しい前乗りのスライダーもあったりサマーランドにもあるマンタのようなスライダーも存在しています。

 

値段は、以下のような価格となっていますが、日本やウォーターボムのHPでで買うと安くなる場合の方が多いようです。

券種 現地窓口
(Rp)

大人
(12歳〜)
535,000
子供
(2〜11歳)
385,000
家族用セット
(大人2人+子供2人)
1,690,000

ちなみに私は、日本で予約して、食事やチケット代、送迎を全てパックのものを申し込みました。値段もそこまで高くなかった印象でしたが、入場料に加えてロッカー代がプラスでかかるので注意が必要です。 

 

ウォーターボム内での支払いはすべて現金ではなく、腕に巻くタイプのICチップ決済です。なんかここだけ技術が進んでますね笑。ロッカーも腕に巻く式の鍵です。

このロッカーの鍵ですが、

 

非常に落としやすいです!

 

私は一回流れるプールで落として無くしました!笑。鍵を閉めたらしっかり腕に巻いてください。お子様の場合は、大人の方が持っていた方が安心かもしれません。

 

再発行はしてもらえますが、あまりいいものではありませんので・・・。

f:id:nopazo:20190702215434j:plain

子供向けのものも結構あります。

 

 2.恐怖!?のウォータースライダー

 先ほども述べたようにここには13種類のウォータースライダーが存在しています。中でも一段と目立ちかつ、怖いと思うであろうウォータースライダーがこちら。

f:id:nopazo:20190702214408j:plain

 この一番上から出ている緑のスライダーがお分かりだろうか。最初から急転直下に落とされるスライダーです。

 

怖いのはこの急転直下なだけではなく、スタートの仕方にもあります。なんとスタートはカプセルのようなボックスに入れられ、3、2、1の合図で下のガラス床が開いてスタートします。これ友達に連れられて乗ったんですけどかなり怖いです。

 

上からの景色はお見せできないので是非言って確かめてみてください。行ってしまったらそんなに怖くないですが行くまでが恐ろしいですね。

まるで死刑台のような感覚です笑。

 

3.サーフィンぽいのを少し体験できる!

先ほどの写真の手前側に水が波のように流れているのが見えたと思いますがあれはボディボードやサーフィンを疑似体験できるところです。

追加で料金が発生しますが、そこまで高くないので是非挑戦して欲しいです。めっちゃ楽しいです。

サーフィンに乗った気分になります。ちなみにここの担当の人はお客さんが誰もいないと一人で乗って遊んでます。技ありな乗り方を見せてくれたりするのですが、日本でこれがあってもまあありえない光景ですね。

 

なんでかって?

 

日本だったらサボってるように見えてすぐクレーム入れられるからだよ。

 

まあそんなこと思うのは日本人だけなのでしょう。私はいいと思いますけどね。客がいなければ。

 

ただ日本でこれがあったとしても人だらけで乗れたもんじゃないですし、暇なんてことはないでしょう。

昔は大磯ロングビーチにあったようですけどね・・・。今はないのかな?

 

4.まとめ

ウォータボム。結構大きいプールで流れるプールは距離も長めで楽しいです。そしてウォータボムはスタッフがいたるところで写真を撮ってくれます。もちろんそれは後で販売されます。いい商売ですね。とにかく年中暑いですから、海もいいですが是非プールも行ってみてはいかがでしょうか??

f:id:nopazo:20190702215438j:plain

ボールで遊べるプールもあります。ボールの貸し出しは無料です。

次回、バリ島編最終回!乞うご期待!それではまた次回〜〜

下にあるブログ村のボタンをポチッと押していただけると嬉しいです!

 

ユーレイルグローバルパスグローバルパスでヨーロッパを周遊!〜結構きつい!?スイスの伝統料理〜【スイスグルメ編】

どうもみなさんこんにちは。nopazoと申します。

前回は、スイスの山、マッターホルンについてお話ししました。

今回は、マッターホルンの帰りに寄ったベルンで食べたスイスの伝統料理についてお話しします。

 

ツェルマットの全編記事はこちら!

nopazoblog.hatenablog.com

nopazoblog.hatenablog.com

nopazoblog.hatenablog.com

 

 

 

 

1.さようならツェルマット

ツェルマットでの旅を終えて16時30 分ごろ電車に乗りVispを経由して戻ります。本当にスイスの山々は絶景ででした。今回は冬だったのでハイキングとかはできなかったので今度は夏にきてハイキングとかトレッキング的なことをしてみたいです。

f:id:nopazo:20190630204114j:plain

さらばツェルマット。

30歳までにもう一度スイスに来てマッターホルンの全貌をみたいなと思います。もちろん他の山も行ってみたいです。ユングラウヨッホとかも良さそうですね。

 

2.ベルンで降りて夕食を!

ツェルマットを後にし、今度は今日の夕食をどうしようかという話になりました。ちょうど乗った電車がチューリッヒの直通電車ではなく、ベルンで乗り換えなくてはならなかったのでベルンで降りて夕食の場所を探すことに。

 

ガイドブックで何かないか探しているとスイスの伝統料理を味わえる店があるとのことなので行ってみることに。

 

 

3.スイスの伝統料理「ロスティ」

到着した店は、

「Le Mazot」(ル・モツット)というお店。

ここでは、スイスで有名なチーズフォンデュラクレットなど伝統的な料理が食べられるお店。その中でもメニューの一覧に大きく書いてあった「ロスティ」というのを食べてみることに。

 

それがこちら!

f:id:nopazo:20190630204126j:plain

うまそう!!

 

じゃがいもとベーコンやチーズがたっぷり入ったものに卵やトマトなどがトッピングされている料理です。グラタンやラザニアに近いですがじゃがいもなのでちょっと食感が違います。値段は19CHFぐらい。

 

ちなみにこれは昔、スイスの人が朝食の時に食べられていた料理らしいです。

 

そして食べ進めて行くと思うことが・・・・。

 

飽きる!!

 

そうなんです。最初は美味しいと思って食べているのですが、量が多いので飽きるのです。チーズとじゃがいもの味が大半ですのでやっぱそういう意味できついですね。ブラックペッパーをとにかく降りまくって食べるものだと思います。

 

そして朝食にこの料理は食べられると聞きましたが、

 

これ朝に食べるのかなり地獄じゃないか!?

 

 

農家の方とかはよく動くんで栄養つけとかないといけないんでしょうね。自分の家で朝にこれでたら食べるとは思いますけど、きつそう・・・。

 

4.まとめ

今回は短いですがこの辺にしておきます。スイスの伝統料理「ロスティ」じゃがいも好きな私ですが流石に飽きましたね・・・。もっと味に飽きずに美味しい店があると思うので探してみると面白いと思います。ただ、これだけは言えます。

スイスのチーズは美味しいです。

 

f:id:nopazo:20190630204125j:plain

ベルンにある広場でイベントを少しやってたので最後に取りました。

 

実はこの記事でスイス編は最後になります。次回からはフランスに移動します。先述しましたがスイスは、必ずもう一度行きます!スイスはやはりオススメの国ですのでみなさんもぜひ旅行に行ってみてください!。

 

ではまた次回〜〜。

今日は「君の名は。」みるぞ〜〜。あ、もう始まってる行かないと!

 

下にあるブログ村のボタンをポチッと押してもらえると嬉しいです!

【岩手弾丸日帰り1人旅後編】〜川を渡る空飛ぶ団子!?〜【厳美渓編】

どうもみなさんこんにちは。nopazoと申します。

さて前回は、中尊寺とわんこそばについてお話ししました。

今回は厳美渓についてお話しします。

 

前回の記事はこちら!

nopazoblog.hatenablog.com

 

 

 

1.自転車で厳美渓

中尊寺を後にし、自転車に乗りそのまま厳美渓へ向かいました。

レンタサイクルの人には

 

厳美渓までは約40分ですよ

 

と言われました。

 

まあ40分ぐらいなら大したことはないなと思いました。なんせ自転車ですから。歩きじゃなくて。

 

よーし行くぞ! 

 

ということで自転車を走らせました。

f:id:nopazo:20190626215457j:plain

自転車で走っている周りの風景はこんなのどかな田園風景。こういう感じ自分は結構好きですね。住むには大変そうだけど。

 

最初はこんな感じで結構良かったんですが、進めて行くとなんと山道っぽいところい入り、アップダウンの激しいところが何箇所もありました。写真は撮ってないですけども・・・。

 

そして実際に厳美渓に到着するまでにかかった時間はなんと

 

1時間20分

 

鬼畜すぎ!!

 

40分なんて嘘じゃねーか。

しかもママチャリなのでものすごく自転車自体が重いんです。自分がよく乗っていたのはクロスバイクなので久々に乗ると感覚が全然違うんですね。

 

とにかく山道がしんどすぎる。これまだ20代だからいいけど歳を重ねたらかなりしんどい気がします。

 

 2.厳美渓到着!

f:id:nopazo:20190626215503j:plain

岩手ではかなり有名である厳美渓です。バスツアーできているおばちゃん達が結構いました。やはり観光スポットとしてはよく訪れられるところなのでしょう。

 

f:id:nopazo:20190626215557j:plain

f:id:nopazo:20190626220145j:plain

マイナスイオンがたっぷりで自然な感じが結構好きです。川はいいですね。

心が洗われるような気がします。←

3.名物!?空飛ぶ団子!

厳美渓には空飛ぶ団子というものがあります。

何かというとたらいにお金を300円入れるとたらうがロープを伝って川の向こう岸のお店に運ばれ、団子とお茶が返ってくるという面白いスポットです。

下の写真だと少し見づらいかもしれませんが、タライが向こう岸の家のところにあるのが見えると思います。これがロープを伝ってこちら側へ渡ってきます。

f:id:nopazo:20190626215506j:plain

f:id:nopazo:20190626215517j:plain

私もやって、お茶と団子を入手しました!!面白いですね!

 

f:id:nopazo:20190626215526j:plain

お団子はあんこ、黒ごま、みたらしの3本。これにお茶が付いてくるのですからいいサービスですよね!!

 

味も美味しく、ペロリと食べてしまいました。ぜひ空飛ぶ団子、体験してみてください!

 

4.厳美渓温泉

この厳美渓の付近には日帰り温泉があります。ホテルなのですが、露天風呂もあり、厳美渓の景色を楽しむことができました。

自転車の疲れを少し癒すことができました。

 

5.雨の中駅まで戻る

なんと、温泉から出た後まさかの雨が降ってきてしまいました。

しかもやみそうにない上に結構本降りに・・・。もともとそこまで天気は良くなかったのですが、雨が降ってくるとは思いませんでした。雨の中レンタサイクルで運良く借りることができたカッパを着て平泉の駅まで頑張って戻りました。

帰りは下りの方が多く40分ちょいでいけました。

 

厳美渓への所要時間帰りの方の時間じゃねえのこれ!?笑

 

6.まとめ

この後、一ノ関まで戻って17時30分発の新幹線で帰りました。

f:id:nopazo:20190626221859j:plain

帰りは三陸の海鮮弁当を食べて帰りました。

 

岩手県はわんこそばのイメージが強いですが、平泉はのどかで電車でも行きやすいところだと思うので車で来れない方でもオススメの場所です。今度行くときは盛岡の方まで行ってみたいなと思います。

ただやはり車で来れるなら車で来た方が東北は便利かもしれませんね。

 

以上!岩手県弾丸ひとり旅の様子でした。

次回はどこの県を書こうかな!?

それではまた〜〜

 

ブログ村のランキングに参加していますので、下にあるボタンを押していただけると幸いです。

徹夜から始まるバリ島旅行~H.I.S新達人ツアー③~その6

どうもみなさんこんにちは。nopazoと申します。今回でバリ島シリーズも6回目そして今回で新達人ツアー編は最終回です。

まだ前回までの新達人ツアーの全貌を見ていない方はそちらもぜひご覧ください。

 

 新達人ツアー編はこちら!

nopazoblog.hatenablog.com

nopazoblog.hatenablog.com

 

 

 

1.ウルワツ寺院へ!

マックに行った後、有名なウルワツ寺院へ!バリ島ではかなり有名な寺院の一つだと思います。

f:id:nopazo:20190626205253j:plain

f:id:nopazo:20190626205258j:plain

看板にウルワツ書いてありますね。脇の階段を登ると・・・

 

f:id:nopazo:20190626205311j:plain

f:id:nopazo:20190626205323j:plain

ひらけた場所に出た後、寺院が柵の中にあります。ここは本院をしっかり見るということはできずに終わりました。外から見て終わりですね。

f:id:nopazo:20190626205335j:plain

これぐらい海に近いところにあります。

 

2.ケチャダンスの鑑賞!

そして18時からケチャダンスというバリで有名なダンスを見ました。

 

ケチャダンス

 

というもので別名モンキーダンスともいうらしいです。猿の踊りですね。

f:id:nopazo:20190626205628j:plain

お客さんは満員御礼のようで、立ち見の人もいたぐらいです。

 

f:id:nopazo:20190626205629j:plain

f:id:nopazo:20190626205641j:plain

このダンスにはストーリーがしっかりあります。日本語の説明書もあるのでそれを見つつ、ケチャダンスを鑑賞しました。

暗くなった後に行われる最後の火のパフォーマンスは面白かったですね。

ダンスの人も観客を笑わせるぱフォーマンスであったりと日本にはなかなかない楽しませ方をしたこともありました。

 

3.ケチャダンスの一部をご覧いただけます

ケチャダンスの最初を動画で撮ってきましたので興味のある方はぜひご覧ください。全部見たい方はぜひバリに行って生で見てきてください。動画内ではこの人たちしかいませんが、ストーリーが進むといろんな人たちが出てきます。

 

www.youtube.com

 

4.夕ご飯の場所がまさかの・・・

さて、ケチャダンスを見た後は夕ご飯です。1時間ぐらい車を走らせて行くと、少し異変に気づきます。

 

あれ?この辺なんか見たことあるような気がするぞ??

 

海が近かったり、有料道路が変なところにあったり狭い道路であったりと前にきたことあるような気がする(?)場所だったんです。

 

そしたら案の定車が止まって案内された場所が・・・

 

f:id:nopazo:20190609133010j:plain

 

ここ初日来たところやんけ!!

 

そうなんです。初日にアリさんという人に連れられて来た海鮮BBQの店です。

 知らない方はこちらを参照。

nopazoblog.hatenablog.com

 

しかも店員さんも自分たちのことを覚えててくれて・・・

 

また来たの!?( ̄∇ ̄)

 

 とまた流暢な日本語で接客してくれました笑

 

5.もう少し丁寧なお店の紹介

f:id:nopazo:20190626212349j:plain

このお店は海に直結のお店で外で食べたりすることも可能です。自分たちの時は雨が降っていたので座りませんでした。

 

f:id:nopazo:20190626212419j:plain

外にも何人かお客さんは座っていました。

 

味はやはり美味しく、海鮮の天ぷらとタイ米をたくさんいただきました。天ぷらたちには、ニンニクソースやチリソースなどがついています。一見辛そうに見えなくてもめっちゃ辛いやつもあるのでお子様とかには注意が必要かもしれません。

 

6.まとめ

HISの新達人ツアーは、1日非常に満喫できたツアーでした。とにかくバリの人は日本語が流暢なのと優しい人が多い!

日本語の専門学校も多くあり、バリ島で働くために日本語を勉強している人がほとんどなんだとか。

ウルワツ寺院やケチャダンスなどバリの伝統に触れられるので、特にバリ島が初めての方は新達人ツアーに行ってみてもいいのではないでしょうか。

 

それでは、今回はここまで。バリ島シリーズもいよいよ大詰めです。残り2回か3回を予定しています。

それではまた次回〜〜

ブログ村のランキングに参加していますので下のボタンをポチッと押していただけるとありがたいです。

【47都道府県踏破の旅】〜弾丸岩手日帰り一人旅前編〜【中尊寺・わんこそば編】

どうもみなさんこんにちは。nopazoと申します。

実は私、大学時代までに日本の都道府県を全て踏破するというのを目標に旅行に行っていました。

ちなみに結果をいうと5県分未達成で終わってしまいました。

 

現在は、残り2県(大分、沖繩)となっています。

f:id:nopazo:20190623223721j:plain

ちなみにこの画面は都道府県制覇というアプリで行った場所を赤く塗ることができます。

みなさんは何都道府県行ったことがありますか?

アプリのiPhone版をこちらに貼っておきます。

都道府県制覇

都道府県制覇

  • Sohta Itoh
  • 旅行
  • 無料

apps.apple.com

Andoroidの方はこちら!

play.google.com

 

今回は、その中の岩手県について少し書いていこうと思います。

自分のブログは今の所海外が多いですが、日本の方が当たり前ですが行ってる量は多いですからね。これから少しずつ書いていければと思います。

 

 

 

1.東京から岩手は日帰りで旅行することは可能!

もちろん行く場所や量にもよりますが、日帰り旅行が可能です。私は、平泉を今回は回ったので東京から東北新幹線はやぶさで一関まで行きました。

ちなみに行った日は土曜日で、行こうと決めたのが前日です。

 

めっちゃ即断即決やないかーい!

 

そうです。つまり前日でも行こうと思えば簡単にいけちゃうんですよ。

 

2.朝7時半の電車で一ノ関へ

朝7時半にはやぶさに乗車。ちなみにこのとき初めて東北新幹線に乗車しました。

f:id:nopazo:20190623223402j:plain

一ノ関に到着!

平泉へは東北本線でさらに3駅進みます。

f:id:nopazo:20190623223405j:plain

f:id:nopazo:20190623223408j:plain

岩手に初上陸ももちろんのことですが、東北本線も初乗車です。

 

3.平泉に到着!

平泉に到着後、平泉周辺を回るために自転車を借りに行きました。

平泉周辺の地区は自転車で回ることができるのでレンタサイクルはオススメです!

確か3時間で500円1日で1000円だったはず。

そこのレンタサイクルの人は優しく、

 

自分「何時に帰ってくるかわからないんで1日借りようかなあ。」

 

って迷ってたら、

 

店の人「いいよ。3時間にしときな!」

 

って言ってくれたんです

 

なんていい人!(≧∇≦)

 

結局返したのは5時間後ぐらいでした。殴)

 

3.まずはじめに中尊寺へ!

平泉の駅から自転車を走らせること約10分。中尊寺の到着しました!

レンタサイクルをやっていることもあり、駐輪場が結構広かったですね。

f:id:nopazo:20190623225230j:plain

本堂への入り口

f:id:nopazo:20190623223415j:plain

本堂へ!駐輪場から結構歩きました。

中尊寺は実は無料で入れるんです!

 

本堂からさらに歩いて行くと有名な中尊寺金色堂があります!ここだけ有料です。

写真が禁止なので写真が取れませんでしたが、本当に金で覆われていました!

 

f:id:nopazo:20190623225233j:plain

金色堂の近くには松尾芭蕉奥の細道で読んだ俳句の記念碑があります。

 

f:id:nopazo:20190623225237j:plain

入り口から本堂の間の展望台で撮った写真です。結構標高が高いんですよね。天気が少し悪かったのが残念・・・。

 

4.岩手の有名グルメ!わんこそば!

中尊寺を出るとすぐそばに駐車場があり、その周りが食事処やお土産やさんになっています。ちょうどを昼ごはんどきだったので何か食べることに。

食事処の一つに入り、せっかく岩手に来たのでわんこそばを食べようと思い、わんこそばを注文!注文すると下の写真のようなお椀に入ったわんこそばが!

ちなみに人が実際に入れてくれるわんこそばを食べたければ盛岡に行くことをお勧めします。

f:id:nopazo:20190623225239j:plain

24個で、確か値段は2000円だった記憶があります。12個入りもあります。

お盆の上に12個わんこそばがあり、その上にさらに12個のわんこそばがのってます。

 

食べている途中でなんと店の人が

 

店の人「5個間違えて作っちゃったんだけど食べる?」

 

って聞いてきたんです!

 

自分「もちろんいただきまーす!」

 

まあこうは言ってませんが笑。せっかくなのでいただくことにし、合計29個たいらげました。結構29個でもお腹いっぱいになったので100個とか食べる人はすごいなあと思います。

 

店の名前は「食事処むつみ」さん

tabelog.com

 

機会があれば足を運んでみてください。

岩手の人はいい方が多いですね!!のどかだし、東京のごみごみした雰囲気とは訳が違います。

 

今回はここまで!続きはまた次回〜〜

下にあるブログ村のボタンをポチッと押していただけるとありがたいです!

徹夜から始まるバリ島旅行~H.I.S新達人ツアー②~その5

どうもみなさんこんにちは。nopazoと申します。

今回も新達人ツアーの内容などをレポートして行きます。

 

前回の記事はこちら!

nopazoblog.hatenablog.com

 

 

 

 

1.ウルンダブラタン寺院

市場に行った後は湖の周辺にある寺院のウルンダブラタン寺院へ。この湖はブラタン湖という湖だそうです。

のどかなところにある寺院だなあという印象ですね。

f:id:nopazo:20190623211501j:plain

f:id:nopazo:20190623211456j:plain

この寺院も中は結構広く、30分ぐらいは滞在してました。

昔は豊作を願ってくる人が多かったそう。

f:id:nopazo:20190623213851j:plain

f:id:nopazo:20190623211455j:plain

前にも見えていたもしれませんが、HISの人は青いTシャツをきているのですぐ見つけられます。

しかし、ツアーとしてくる人が多いらしく、同じスポットに2、3人HISの人がいたりしました。

 

f:id:nopazo:20190623213834j:plain

こんなところにスポンジボブが!!笑


なんか変な気もするが・・・。

2.昼食!

この後少し走らせた場所に昼食の会場があります。行ったはいいものの人はあまりいませんでした。僕ら以外には2、3組ぐらいだったと思います。

f:id:nopazo:20190623211508j:plain

昼食はバイキング形式で、ナシゴレン、ミーゴレン、サテ(焼き鳥)などバリ島の料理を楽しむことができます。ドリンクだけ現金でお支払いしなければなりません。

もういっそセットにしてくれればいいのに・・・。

 

f:id:nopazo:20190623211510j:plain

昼食会場とSprite

インスタ映えっぽく撮れましたかね??

 

バリ島に来て飲み物は8割Spriteでした。日本にはおそらく瓶のスプライトって少ないと思うのですが、瓶の方がペットボトルよりも圧倒的に味は上です。

 

ちなみにこれはジンジャーエールにも言えることで、有名なウィルキンソンやカナディアンドライは瓶の方が圧倒的に美味しいです。ぜひ飲む機会があれば瓶を頼みましょう。

 

3.お土産タイム

昼食の後はお土産タイムです!

写真を撮り忘れたので中の様子はお届けできませんが、ガムランボールのお店に行きました。

ガムランボールには、健康や安全祈願など様々な願い事がこめられています。

持ってるだけでそのご利益が受けられると言われており、バリ島の有名なお土産の一つになっています。

私も家族のお土産に購入しました。ここでほとんどの現金が消えましたね。まあルピは特に使い切らないと損なのでね・・・。

 

その後雑貨屋の方に連れて行ってもらいました。雑貨屋はバリで作られた木の製品やTシャツなどが売っていました。ただ、ホテルの近くにあるバリコレクションというショッピングモールの方が安かったのでここでの購入はパス・・・。

f:id:nopazo:20190623213841j:plain

f:id:nopazo:20190623212934j:plain

 

4.時間が余っているのでバリ島のマックへ

お土産の後、2時間ぐらい車を走らせたのですが、途中でガイドさんが

 

ガイド「時間あるからマック行きますか?」

 

って聞いてきたんです。

これも海外の醍醐味なんだろうなあと思います。日本じゃ絶対に時間余っていてもこんな寄り道の方法はしないですよね笑

 

せっかくなのでマックに行くことに。

f:id:nopazo:20190623214906j:plain

中は日本とそこまで大きくは変わらないですが、マックは人気のようで結構並びました。

英語で頼まなくてはいけないのですが、友達は単品で頼んだはずがセットで来てしまうなど注文違いがあったようですがなんとか購入できました。

f:id:nopazo:20190623214917j:plain

f:id:nopazo:20190623214922j:plain

おそらく日本にはないと思いますが三角チョコパイをアップルパイの形にしたようなダブルチョコパイというのがありました。一応載せておきます。

f:id:nopazo:20190623214911j:plain

やはりこの人は世界共通のようですね。

当たり前か( ̄∇ ̄)

4.まさかの事故

購入を終え、車に戻ってくると何やら運転手と警備員が話している。何かと思えばまさかの駐車で隣の車とぶつかり傷を作ってしまったようです笑

もともと今回のツアーの運転手は結構運転が荒く、危ない面もありました。まさかツアー中に事故るとは思いませんでしたが笑。

 

バリ島の人たちの運転はとにかく荒いです。車線変更はノーウインカー御構い無しですし、クラクションは鳴らしまくりです。バリ島はバイク生活の人が多く、道路には多くのバイクが走っています。バイクは四人のりまでOKらしいのですが、流石にやってる人は見受けられませんでした笑。

ていうかバイク4人ってどうやって乗るんだ?((((;゚Д゚)))))))

 

 

今回はここまで。次回はウルワツ寺院に行きますよ。

下にあるブログ村のボタンをポチッと押していただけるとありがたいです!